西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

五年生大会 それでも人生は続く

time 2019/05/06

五年生大会 それでも人生は続く

五年生大会が終了しました。いやー見事な負けっぷりでしたね(笑)
一戦目と二戦目の衝撃的な結果を受けて臨んだ三戦目は、これまでに無い積極性も見れましたし、彼らなりに意地を出したということでしょう。最近伸び悩んでいたこの学年にとってはとても良い機会でした。やはり指導者の言葉よりも実際に体験する方が身をもってわかるのでしょう。

本人たちにも言いましたが、この結果を受けてこれからどうするかは自分たち次第です。これで将来が決まるわけではないですし、しかしこの悔しさを糧にもっと集中して練習に取り組むことができるか?今後の取り組み次第で将来が決まります。がんばってもらいましょう。

では三試合目の写真です。

この試合でセンターバックを務めたえいと君とそら君。二人とも終始安定し、積極的なディフェンスでチームに貢献しました。とても良かったです。
えいと君が相手とぶつかり、そら君がそのカバーをするという、また逆のパターンもあり二人とも戦術理解の高さを示しました。強さが足りないため今大会は厳しかったですが、それは後天的なもの。これからに期待しましょう。
今大会でとても伸びた一人のゆうり君。サイドバックとして守備と攻撃に奮闘しました。彼の性格に合致したポジションなのでしょう。今大会の収穫の一つです。
最初はフォワードとして、三戦目はサイドバックで出場したかいと君。自分の個性を自分自身が把握できていないためこちらとしてはもどかしいところがあります。まだまだ物足りない、君はもっとできるよ。
指示を出すゆづき君。最近はこのシーンが少なくなってきた感があります。キーパーとしての技術は飛躍的に向上しています。しかし彼の最大の長所はこのような姿勢。さてさて。
後半から出場のかずま君。実力はある、しかしそれを発揮するための工夫が足りない印象。期待しているのですよ、彼には。がんばってくれ!!
三戦目のりょうせい君は、これまでの指摘を活かしてとても良いプレーを見せてくれました。パスやドリブルだけでなく、このように激しい守備でチームを助けてくれたと思います。おそらく自分がやらなくていけないプレーは理解したでしょう。これからを楽しみにしてます。
キャプテンとしてチームを引っ張った王子。途中からフォワードではなくミッドフィルダーとして出場。私たちが期待するのは点を獲るだけでなく、守って点も獲るスケールの大きいプレー。今、中学生になってとても評価が高いブナはそれをやってたよ。君はできるかな?
積極的なプレーが光ったりお。難しいシュートでしたが外した後の悔しい表情。応援席が一番盛り上がった瞬間でした(笑)。それにしても本人も相当悔しそうでしたね。
それでも楽しそうなこの表情(笑)。この試合で、どうすれば自分のプレーが出せるか、少し気付いたかもしれません。起点となる試合かも??
フォワードとしてプレーしたまさと君。このチームに足りない「強さ」をもたらしてくれました。積極的な飛び出しと力強いプレーはとても魅力的で彼の性格からしてもフォワードが合っているのかもしれません。ディフェンダーやミッドフィルダーで”良い子”のプレーをしているのは似合わないかも??

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]