西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

なでしこのサッカーから学ぶこと

time 2016/03/27

なでしこのサッカーから学ぶこと

日テレベレーザ対浦和レッズレディース

とても白熱した試合でした。最初から最後まで全力でボール奪取に向かう浦和、それを正面から受け止め、確かな技術で打開するベレーザ。1-1の引き分けはとてもフェアな結果だと思います。

今イングランドのプレミアリーグで首位のレスターには、ラグビーの五郎丸選手のようなサッカー選手とは思えないような体をした選手がたくさんいます。体の小さい日本人が化け物(?)のような相手と戦うには、岡崎選手のように常に動き回り、ディフェンスもオフェンスの積極的に行う必要があります。

1対1の戦いでは勝てないが、運動量を多くして常に数的多数の状況を作り出す。これが日本人が世界で戦う基礎になります。

その成功例が女子ワールドカップで優勝したなでしこジャパンでしょう。自分がマークする選手は絶対に離さない、仕事をさせない、ボールを奪取できると思った時は自分がマークする選手を置き去りにして数人が囲い込む。攻撃では、パスを出した後も足を止めることなく、相手のゾーンディフェンスを崩すべく、複数が連動して動き続けるサッカーで世界一をつかみ取りました。

この試合でもそのサッカーは(嬉しいことに)継続されています。浦和は10番の吉良選手を中心に前線から積極的なプレスを掛け続け、誰一人さぼることなく連動して行われていました。またベレーザは阪口選手を中心に、そのプレスをかいくぐるように複数の選手達のパスワークで対抗します。その技術も見事なものでした。決して”逃げる”パスではなく、常にゴールを意識したパスで、隙あらば前に前に送り込むパスは、彼女たちの強い意志を感じます。

世界で戦うための戦術、パスやドリブルなどの技術的なお手本がが数多く見られる質の高いなでしこのサッカー。各チームのサポーターだけでなく、サッカーにかかわっている沢山の人に見てもらいたいです。

それにしても岩清水、阪口、そして浦和の吉良選手は良い選手ですね。

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]