西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

ヨガを初めてやった私が半年間やってみてわかったこと

time 2015/11/09

今年の4月にこのヨガクラブを立ち上げて、おかげさまで無事に半年を経過しました。ご参加いただいている皆様には感謝しかありません。今後もより良いサービスをご提供し、クラブの発展と立ち上げの目的であるスポーツ選手のセカンドキャリアのサポートに向けて一層の努力をしていきます。

このあたりの事は別の機会に改めて所信を表明しますが、今回はタイトル通りヨガを初めてやって半年経過した私の体やメンタルの状況をご報告します。ヨガに興味がある方はご参考にしてください。
■やる前の不安「ポーズがわからない」「できるのかな?」
結論から書きますが、全くいらない不安でした。ポーズは先生がポイントを交えて教えてくれますし、どこまでそのポーズができるかはその時の自分次第。できなかったからだめという事ではないですし、そもそも全部きちんとできたらインストラクターになってます。面白いのはできないポーズから得られる情報がとても有益です。これは後ほど記述します。
■できるできないポーズは人それぞれ
あまり他の人を気にしてもしょうがいですが、バランス系が得意な人がいたり、股関節が柔らかく開脚系のポーズが得意な人がいます。面白いのが得意なポーズと苦手なポーズが本当に人それぞれ。先生も言ってますが他人と比較するのは全く意味が無いですね。
■肩こりの解消
よく言われるヨガのメリットですが、とても実感しています。まず肩こりですが、ヨガのポーズで肩周りを動かすのでまずはこれで解消します。それでも解消しない場合は、日中に肩こり解消のポーズやストレッチを行う事でほぼ解消します。それでもだめな場合はあきらめて病院に行きましょう。
■劇的な腰痛改善、怪我の予防
実は私、腰痛持ちなのです。こっそりコルセットを付けて練習をしていた時もあります。これまで腰痛解消ストレッチなどを行ってきましたがそれほど効果はありませんでした。私の体は股関節が硬くとても開脚などはできません。それが腰痛の原因なのかな?と思っていましたが、股関節のストレッチをやったくらいでは残念ながら解消しませんでした。
しかし先生からお尻の筋肉と内転筋(ももの内側の筋肉)がとても硬くそれが原因と指摘され、そのストレッチやヨガのポーズを教えてもらったところ、腰回りが軽くなり腰痛が見事に無くなったのです!また毎年ももの裏側の筋肉を肉離れなどの怪我をしていたのですが、なぜかこれも無くなり長年の悩みが一気に解消したのが大きな出来事です。もちろん人により原因と解消方法は異なりますが、開脚ポーズができない事から発見した素晴らしい結果です。できない事は良い事ですね!
■メンタルの安定
最近気づいたのですが、大きなストレスを感じること無くとても良い位置でメンタルが安定しています。思い当たるのは二つ。一つはヨガで行っている瞑想。腹式呼吸による瞑想が効果的なのでしょう。瞑想はとても興味深いテーマですので、後日もう少し掘り下げて記事にしてみます。
もう一つは定期的にヨガを行っている事により生活に張りが出ている事です。水曜日のヨガが終わった後はぐっすり寝れますし、木曜日の金曜日の朝ヨガに向けて早く寝よう、それに向けて予定を組もうと普段の生活に定期的にヨガの予定を取り入れる事により、生活にメリハリが出ています。自ら予定を組むことでメンタルが前向きになり、他の余計なストレスを感じる暇が無いのかな?と感じています。
■まとめ
色々と効果や変化を記載しましたが、これは個人によって感じ方が違いますのであくまでご参考です。しかしそもそもヨガの「伸びる」「ひねる」という動作がとても気持ちよく、これだけでも楽しめる事は大きな声で主張できます。
■最後に「生活の中にヨガを」
上記に書きましたが、「伸びる」「ひねる」動作だけでもとてもリラックスできます。私はサッカーの練習前、練習後、そして家でもヨガのポーズをして意図的にリラックスしています。ヨガに参加された皆様、これから参加する方はぜひ普段の生活の中にヨガを取り入れてください。心身ともに良い結果を得られるでしょう。

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]