10月10日は「スポーツの日」。

その前は「体育の日」でしたね。確か昔の東京オリンピックの開会式だったのかな?

そのような日に6年生チームのリハウスリーグと3,4年生の練習試合、そして空いているスペースでジュニアユースチームが練習しているという、多くの選手が浮間に集合したわけです。
私は3,4年生の指導や審判をしていましたが、色んなところに気が持っていかれ中々落ち着かない一日でしたね。

さてその3,4年生ですが、この夏に取り組んでいた練習の効果として、パスとドリブルなどの判断力の向上を狙っていました。ようは常に周りの状況(味方や相手の位置など)を把握して、的確な判断を下そうという事ですが、しっかりと向上していたと思います。

周りを見ず自分の足元しか見ていない無謀なドリブルや、誰かがいるだろうと適当なパスをするシーンが無く、もちろん技術的なミスはありますが、しっかりと顔を上げて周囲の状況を見ているシーンが多くありました。

ドリブルを選択するシーン、パスを選択するシーン、シュートを選択するシーンとその決断の精度はとても向上しています。今、伸び盛りかもしれないですね。継続し向上して行きましょう。

西が丘サッカークラブについては下記を参照ください。

http://www.kids.nishigaoka.com

By 松尾