本日は2年生の練習試合でした。この試合の目的はサッカーのルールや試合の進行を覚えること。そしてポジションの理解力を向上させることにあります。

子供のサッカーにありがちな全員でボールに群がっていくのも悪いことではありません。ただそれをいつかは脱却する必要がありこの年代からサッカーにはいくつかのポジションがあること、各ポジションの役割や動き方があることを少しづつ覚えていくことも重要です。

いつもは無邪気に練習をしている彼らですが、役割という規制がある中の試合では最初は頭の理解が追い付かず全く体が動かなかったですが、時間が経過すると共に徐々に本来の動きになってきます。

今は勝ち負けなどは関係なく、楽しくプレーしてサッカーを理解することが何よりも大事ですね。

まだまだ理解力は低いですが、4年生になる頃にはいっぱしなるでしょう(なってほしいな)。

 

西が丘サッカークラブについては以下を参照ください。

http://www.kids.nishigaoka.com/

By 松尾