本日は五年生大会が行われました。トーナメント方式で試合数の確保が難しく、五年生を全員呼んでも出場時間が少なくなってしまうので、呼べなかった子も多数います。すみません。。。

さて結果は残念ながら城北スペリオさんに負けて今大会は早くも終了となりました。0-3という結果は試合内容や両チームの実力をフェアに反映しており、負けたという事実を素直に受け入れるべきでしょう。

元々勝つことに主眼を置いたチームではありませんが、みんなこの試合には勝ちたかったようでしたね。この試合に向けて最近の練習は緊張感がありましたし、みんなの勝ちたい気持ちがひしひしと伝わってきました。

しかしこの結果は、、、これまで培った自信を砕かれた衝撃は重く、みんな意気消沈している様子が試合後に遠くから見ていても手に取るようにわかりました。
春の大会から夏の合宿を得て、強いチームとの練習試合を行って確実に進歩しています。しかしそれ以上に他のチームは進歩しているのでしょう。

勝ちたければ、上手くなりたければ繰り返し練習するしかないのです。プレーの質を高めるには量を重ねる必要があります。そこには近道はありません。繰り返し何度も何度も練習することによって正確で素早いプレーができるのです。

もう一度書きますが、勝ちたければ、上手くなりたければ練習するしか方法はないのです。

By 松尾