西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

六年生大会 前期リーグ最終節

time 2018/06/17

六年生大会 前期リーグ最終節

本日は六年生大会の前期リーグ最終節。今日の2試合で4月から始まった前期リーグが終了します。これまで引き分けと負けばかりでしたが最後に勝てたのでしょうか?

結論から言うと無事に2試合とも勝利して2勝3分け3敗です。勝敗に興味が無いので間違っているかもしれませんがおそらくこんな感じです。これまでの課題であった立ち上がりの悪さは改善され、最初から最後まで集中して試合をできたのは成果として捉えて良いでしょう。また試合をする毎に目に見えるように成長していった彼らの一つのピークが今日の2試合だったと思います。それぞれが最初の試合とは見違えるほど自信に溢れ、難しいプレーにどんどんチャレンジできるようになったことは喜ばしいことであり、今後にとても期待できる内容です。

とはいえこの内容はそれほど驚くべきものではなく、メンバーさえ揃えばこのくらいはやるだろうなというのは試合前から予想できました。最後になってようやく六年生チーム全員が参加できたこの日は、今まで苦労は一体何だったんだ?というほど圧倒した内容です。しかしメンバーが揃わない中で奮闘した経験が各自に経験と自信をもたらし、葛藤の中で成長できた証かもしれません。

昨年の六年生大会の試合でも主軸だったゆうき、りょうた、りくは今年のチームでも主軸を担う予定でした。経験豊富な彼らが周りにもたらす影響は大きかったでしょうし、チームとしての経験値の多さは他のチームに対してのアドバンテージになるはずでした。その彼らが参加できない試合が多いと、さすがに苦戦します。一気に経験が少ないチームに成り下がってしまいました。それは開始直後に失点してまう試合の多さ、先制されると自信を失ってしまうナイーブなメンタリティ、最後のひと踏ん張りが足りず同点にできても逆転できない弱さ。

それでも前述の通り彼らが居ない分、他のメンバーがとても頑張りましたし、経験不足は驚くほどの成長でカバーする事ができた前期リーグだったと思います。ともとつばさは一段とスケールアップしましたし、しゆうはプレーの幅がとても広がりました。しょうご、はるかさん、がく、しょうま、そうど、四年生のりょうたは一試合目と今日の試合では別人のようでした。

9月から始まる予定の後期リーグは様々な都合でメンバーが入れ替わるでしょう。今日の試合で一区切りです。最後に勝ってホッとして満足してしまうのか?それとも貪欲に成長を求めるのか?これからはサッカーに集中できない子もいるでしょうが、何を求め、何を成し得たいのかは自分次第。短絡的な考えではなく長期的な視点で自分の数年後を見て、的確な判断を下してほしいと思います。

さて試合の様子です。本日も写真を撮れたのは2試合目の後半から。なので映っていない子もいます。次は何とか・・・。

大活躍のりょうたと途中で鼻を痛めて交代したりく。りくは大丈夫かな?

今日は出番が少なかったとも君。しかし的確なポジションを取り危機を事前に防ぎました。目に見えない好プレーが多かったです。今日のクオリティを継続してほしいな。

これまでとは違い果敢な攻撃を見せるようになったがく。良いよ!後期リーグが楽しみな一人。

こちらも後期リーグが楽しみなしょうま。今日はなんとゴールを決めました!!前期リーグは彼のゴールで始まり彼のゴールで終わりましたね(笑)

ドリブルで進むりょうた。無双な強さでしたね。

守備だけでなく攻撃の意識が高くなったつばさ。後期リーグは攻めも守りもがんばってほしい。そのくらいスケールが大きい選手になれる可能性があります。

相手を背負って

華麗なターンで相手を抜き去る姉さん

最後のディフェンスも抜き去り、後はゴールキーパーのみ。最大のチャンス!

が、相手ゴールキーパーの好プレーで得点ならず。。。とても悔しそうでしたね(笑)。しかしこの短期間でここまでの選手になるとは・・・。でも潜在能力を考えるとまだ物足りないかな。

ドリブル突破なら俺の出番とばかりにしゆう先輩。

上手く撮れてませんがこのドリブルでゴールが決まってます。前期リーグは様々なポジションを経験してこれまでよりプレーの幅が広がりました。そのキャラクターから都度、課題を指摘されていますが、コンスタントにゴールを奪うのは流石です。

最後はコーナーキックからしょうまの得点シーン。見事なヘディングシュートでした!後期リーグは彼もより一層活躍してくれるでしょう。

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]