西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

六年生大会 試練が恋しい

time 2017/05/05

六年生大会 試練が恋しい

六年生大会三日目。本日も二試合行いました。見事に二勝してこれで五勝一敗です。ここまで技術、身体能力に差がある相手ばかりなので評価が難しく、しかし昨年はその技術と身体能力に問題があって全く勝つことができませんでした。これは一年を通して基礎的な技術とアジリティを強化した結果が出ているとも言えます。

また戦術に関しては個人戦術、グループ戦術はトレーニングしましたが(詳細は書ききれないので興味がある方はぜひ聞いてください)、チーム戦術までトレーニングしていません。ここは彼らの自主性とサッカーの知識の向上で賄っています。今のところこれも良い方向に進んでいますね。本日も試合の状況に応じて自分たちでポジションやシステムを変更していました。今後は試合中にもっと改善できるようになるでしょう。

さて試合の写真です。

本日初戦のキックオフを迎える直前。昨日の反省を踏まえ最初から集中しています。眼光鋭く、目つきが違いますね。

ゴール前でりょうじ君が競ったこぼれ球を、

しゆちゃんがゴール!今大会二点目!泥臭く彼らしいゴールでした。

そしてこの表情。もっと可愛く喜びなさいな。

本日大活躍だったりょうじ君。重戦車のようなドリブルで突き進みます。

重心が低く良い姿勢です。

二人、三人と交わし

最後のシュートは外してしまいますが、直後のシュートで見事ゴールをゲット!

この子、今日は何点取ったのでしょうか?

ドリブルと言えばこの子も凄いです。この大会で才能が爆発してますね。体は小さいですがバネのような瞬発力で一瞬で相手を抜き去ります。まだ五年生生、先が楽しみです。性格悪いけど(笑)。

同じ五年生のつばさ君。五年生大会の経験をこの大会に活かしてます。ディフェンダーとして急成長中。

五年生といえばゆうき君も載せなくては。この子、もしかしたらこの大会が一つのターニングポイントになり、新たな可能性を見せているかもしれません。評価し過ぎることはあまりよろしくないのでもう少し様子を見てみましょう。

MFのりく君。定位置でしたが最近のMFは激戦区。レギュラーに返り咲くか?ただこの子が本格的に成長するのは数年後。まだ焦る必要は全くありません。しかしベンチにいると「早く試合に出してくれー!」とうるさくてしょうがないそうです。

誰が付けたか魔人ブウ。動きが少なく、そもそも遅い。それでも技術があってセンスも良く、コンスタントに点を獲っています。うーん、不思議な選手。

本日今大会初ゴールを決めたりょうたろう。ゴール直後の写真なんだからもっと笑顔を・・・。彼の課題は明確で本人にもしっかり伝えています。賢いプレーができるようになっているのでもう少しかな。がんばれ!!

試合ですが、一試合目は無難に勝利。二試合目は三点リードしてから相手の逆襲に遭います。相手チームの見事なシュートが三回も決まり短時間で同点に追いつかれてしまう展開。

これまで安定していた守備を見せていたゴールキーパーのとも君。汚れた脚とユニフォームが印象的です。頑張っている証拠ですね。しかしあの全てのシュートは小学生には防げないよ、災難だったね。

勝ち試合から瞬く間に同点に追いつかれた瞬間。試合終了間際とあってキャプテンもこの表情。

中心メンバーのゆうが君もこの表情。マイペースの彼もさすがに気落ちしている表情・・・あれ??

こちらの写真は西が丘が三点目を入れた瞬間の顔。あまり変化無いか??

アップはこんな感じ。

ちなみに昨日の眠そうな顔がこちら。もしかして変化無しか??まぁどんな状況でも変わらないのは凄いこと。マイペースで突き抜けてほしいですね。

これまでは同点にされたら相手の勢いに負けて逆転負けを喫してしまうところです。昨年何度も見た光景ですね。しかし今年は違うようで最後の最後でりょうじ君がゴールを奪い見事に勝利を手に入れます。これも成長した証でしょう。

それにしてもイマイチ盛り上がらないです。昨年のような負け試合が続いている中で課題を見つけ一つ一つ成長する姿を見る方がこちらとしては楽しく(選手たちはつまらないでしょうが・・・)。前期リーグも残すところあと二試合で、その試合まで一ヶ月近く空いてしまいます。それまでの間に強いところと練習試合を組みたいですね。子供たち、今もうちに好きなだけ楽しむように。練習試合や合宿では培った自信をことごとく壊してみせる(By監督)。

 

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]