西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

U-19日本代表がアジア選手権で初優勝!しかし大事なのはこれから

time 2016/10/31

U-19日本代表がアジア選手権で初優勝!しかし大事なのはこれから

U-19日本代表がアジア選手権の決勝でサウジアラビアをPK戦の末に勝利して見事優勝しました。すでに来年5月に開催される世界大会の出場権は確保してましたが、モチベーションを下げることなく最後はまでしっかりと戦ったことは評価されるだけでなく、大会史上44年振りとなると全試合無失点の偉業を果たしました。

昨夜の決勝戦はサウジアラビアの速く強い攻撃に劣勢になる時間が多かったですが、最後まで気を抜くことなく全員が集中して守り切った守備はとてもたくましく、前評判があまり良くなかったこのチームは試合毎に成長していった印象があります。

実はこのチーム、2年前のU-16のアジア選手権ではベスト8で終わってしまい、世界大会の出場権を確保できなかったのです。最近は若年層の日本代表がアジアで勝てなくなっており、その時もとても危惧されていました。おそらくその時の悔しさもあって雪辱を晴らすべく臨んだ今大会、中田英寿、小野伸二、本田圭佑選手などでも達成できなかった初優勝という結果は称賛に値する結果だと思います。

しかし本当に大事なのはこれからです。今回の結果は確かに素晴らしいものでありますが、サッカー選手としては通過点の一つに過ぎません。重要なのは年代別の代表ではなく、トップに位置する日本代表であり、ワールドカップの結果です。彼らの同年代で今回のu-19の試合に選ばれずJリーグの試合に出ている選手もいます。また、まだ何もスポットライトを当てられていない無名選手もたくさんいます。

このメンバーは幸か不幸か東京オリンピックに中心選手になる年代です(サッカーの場合、オリンピックは23歳以下で行われます)。これから多くのメディアに取り上げられ脚光を浴びることでしょう。その中でも自分に厳しく切磋琢磨する選手は生き残るでしょうし、勘違いしてしまう選手は消えていく事になります。我々は見守る事しかできませんが、一人でも多く日本代表になってほしいと願うばかりです。

今回のメンバーを今後も見続けるために下記に記載します。まずは4年後の東京オリンピックが最初のチェックポイントです。この中で何人残っているでしょうか?

■2016年U-19日本代表

GK

小島 亨介(早大)

広末 陸(青森山田高)

若原 智哉(京都U-18)

DF

板倉 滉(川崎F)

中山 雄太(柏)

岩田 智輝(大分)

初瀬 亮(G大阪)

町田 浩樹(鹿島)

藤谷 壮(神戸)

舩木 翔(C大阪U-18)

冨安 健洋(福岡)

MF

坂井 大将(大分)

三好 康児(川崎F)

長沼 洋一(広島)

神谷 優太(湘南)

市丸 瑞希(G大阪)

遠藤 渓太(横浜)

堂安 律(G大阪)

原 輝綺(市船橋高)

FW

岸本 武流(C大阪)

小川 航基(磐田)

岩崎 悠人(京都橘高)

中村 駿太(柏U-18)

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]