西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

日本代表対コートジボワール

time 2014/06/15

日本代表対コートジボワール

日本代表対コートジボワール。

日本代表は残念でした。

それにしてもコートジボワールは良いチームですね。アフリカのチームというと、卓越した個人の力を全面に押し出した戦い方というイメージがあるのですが、守備も攻撃も組織力を重視した戦術で、それゆえに個人の力が充分に発揮されるという、日本が目指さなくてはいけない戦術を貫きました。

確かにドログバは凄かったですが、MFとDFで組織する守備ブロックはとても強固なゾーンディフェンスで、日本代表が付け入るスペースは全く無かったですね。

このようなチームを相手にするには、縦横無尽にポジションチェンジを繰り返し、味方のスペースを作り出さなくてはいけません。愚直にフリーランニングを繰り返し、相手のマークを引きつけ、空いたスペースに後ろからリスクを覚悟でどんどん飛び出していかなくてこの守備ブロックは崩せないでしょう。

前半は大迫選手が1トップで体を張ってがんばっていましたが、いかんせん運動量が足りない。もっと動いて香川、岡崎選手のスペースを作らないと厳しい。しかしそれもしょうがないところがある。大迫選手のすぐ後ろにいる本田選手が足もとばかりにパスをほしがるので、前線の流動性がどうしても下がってしまうのです。

しかし本田選手もリスペクトしているような大久保選手が入ってからは、少し好転しましたね。監督やチームメイトの指示よりも自分の直感で行動する大久保選手は、スペースを作る為に自ら動き出し、それにつられて本田選手や香川選手の動きも活発になってきました。

このような展開を試合開始から続けないと、このレベルで勝つのは難しいでしょう。しかしやり続ければ勝てる事は証明できています。何度も例に出して申し訳ないですが、なでしこのサッカーがそれを証明しています。

とにかく次のギリシャ戦に負ければ終了です。私はまだ日本代表が世界で結果を残せるとは思っていません。それより組織的で流動的な日本のサッカーを世界に示してもらいたいです。なでしこの活躍で、フットボールネーションズでは日本の評価はとても高まっています。この大会でも強烈な印象を残してほしいですね。

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]