西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

J2 東京ヴェルディ対ジェフユナイテッド千葉

time 2019/05/25

J2 東京ヴェルディ対ジェフユナイテッド千葉

最近は多忙によりブログが滞っていました・・・。忙しいのは良いことですが、適度にリフレッシュしなくてはいけません。ちなみに福泉コーチは、精神的リフレッシュと称してJリーグの試合をよく観戦に行くようです。聞くところによると一人でフラッと飛行機に乗って大阪や神戸、広島まで日帰りで観に行くということですから。

さすがに私はその行動力には敵いませんが、今日は調布の味スタまで東京ヴェルディ対ジェフユナイテッド千葉の試合を観戦しました。サッカーのトレンドを知る目的もありますが、精神的なリフレッシュを兼ねた観戦ですのでゴール裏の手頃な席ではなく、メイン中央のそれなりの金額(とはいえJ2なので安いですね)の席で観戦です。ちなみに福泉コーチはゴール裏自由席の一番高い位置から全体を観るのが好きなようです。

ちなみにメイン中央の席で観戦したのは趣味と化している写真を撮る目的もあったりします。

ヴェルディゴール裏。ここで騒がしく観るのも楽しいですけどね。

ジェフユナイテッド千葉のサポーターもたくさん来てました。

こちらがJ2から唯一コパアメリカ大会に向かう日本代表に選ばれた渡辺皓太選手。東京オリンピック世代で1998年生まれだから21歳かな?期待の若手。

こちらもヴェルディ期待の若手、20歳の井上潮音選手。東京オリンピックに選出されるか?それにしても右足太ももの筋肉が凄いです。

三人に囲まれてもボールを奪われないジェフの選手。やはりプロの試合は激しいですね。

これなんて左ひじがヴェルディの選手の顔面に直撃してますし

ヴェルディの外国人選手、ネマニャ・コイッチ。迫力ある顔をしてますが、陽気なセルビア人。

大柄な選手が揃うゴール前の攻防はやっぱり迫力あります。

ヘディングの競り合い。190㎝対180㎝の戦い。

前半終了時、センターバックの二人が何やら話し合っている様子。このシーンだけではなく選手同士の話し合いは試合中も至る所で行われています。観客の声援で味方の声など聞こえないでしょうから、話せる時はしっかりとコミュニケーションを取ってます。これは小学生も見習わないといけないところ。なお試合は1-0で千葉がリード。

後半ですが、まずはこの写真。千葉のDFが五人、きれいに一直線で並んでます。このラインを崩さないことが大事で、五人揃ってラインの上げ下げを行います。ラインを上げれば中盤が狭くなりタイトなプレッシングが可能で、しかし中途半端にラインを上げると裏のスペースを使われ決定的なピンチに陥ります。レベルの高いチームはこのラインの統制がとても見事です。

ヴェルディ河野選手が得意のドリブルでチャンスを作り、

その後に見事なゴールを決めます。ただヴェルディの失点の原因も彼だったような・・・。

この後はお互いに

チャンスがあり、

一進一退の攻防に写真を撮る手が止まってしまいました。結局、試合は1-1の引き分け。

試合後、勝てませんでしたがゴール裏のサポーターに拍手で迎えられる選手たち。結果が出なくても全力で戦う姿勢を示せばサポーターは応援してくれます。

やはり生観戦は面白いですね。グランドの現象だけでなく両チームのサポーターが醸し出す熱気は日常を忘れさせてくれます。私もサッカーに対するモチベーションが一段と向上しました。

そういえば来年で私たちのクラブも10年目。そろそろJリーガーになる子が出て来ても良いはずです。

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]