西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

サウジアラビア代表戦に向けて収穫はあったのか?日本代表対オマーン代表

time 2016/11/12

サウジアラビア代表戦に向けて収穫はあったのか?日本代表対オマーン代表

国際親善マッチ 日本代表対オマーン代表

この試合のテーマは、11月15日に行われるワールドカップアジア最終予選サウジアラビア代表との試合で予想される、相手の多くの選手が自陣に引きこもった守備ブロックをどのように崩して得点を奪うのか?この一点に尽きるでしょう。

自陣に引きこもった相手の守備ブロックを崩して点を奪うには、相手の守備組織を上回る個人技術が有効です。そのために宇佐美選手や原口選手、斎藤学選手など個人技に優れた選手が招集されてきました。中でも原口選手はワールドカップアジア予選3試合連続ゴールなど、結果を残しています。しかし日本人でドリブルで相手を抜きまくる選手は中々出て来ず、これまでや今回のメンバーでも静止した状態からのドリブル勝負では相手守備ブロックを崩すことはできません。

自己犠牲を厭わず、チームに忠実で、戦術レベルが非常に高い日本のサッカー界にメッシやクリスティアーノ・ロナウドとまでは言いませんが、世界でも通用する本物のドリブラーが出てくれば、日本代表がワールドカップでも良い成績をあげることができるでしょう。

しかし残念ながらそのような選手は今のところ日本におりません。その場合、相手の堅く優れた守備ブロックを打破するには、卓越した個人技術が有効ですが、それが無い場合は相手よりも優れた攻撃組織の構築しかないのです。

この試合で多く見られた相手守備ブロックの前で、あまり効果的ではない横パスではなく、二人三人と連動して素早いパス交換とドリブルを混ぜた攻撃を継続して行う必要があります。相手の狭いながらも常に裏のスペースを攻略する方法を全員が同じイメージを抱き、リスクを恐れず前に前に飛び出していく攻撃をする必要があるでしょう。香川選手がいくらドリブルが上手くても、本田選手がどれほど体が強くても、個人の勝負では日本は勝てないのですから。

さて、上記にも記載しましたが、この試合は国際親善試合であり、11月15日に行われるワールドカップアジア最終予選のサウジアラビア代表との試合のテストマッチです。その試合も今回と同様の展開になることが予想されます。負けなければ良いサウジアラビア代表は、自陣深くに守備ブロックを構築し、鋭いカウンターアタックで日本代表を脅かします。中途半端な個人技は通用する相手ではないので、複数の選手が連動したサッカーであれば勝機が見出せます。名将ハリルホジッチ監督のことですから、今回のオマーン戦のスカウティングをもとに良い結果を出してくれるはずです。

応援しましょう!

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]