「このくらいで評価してはダメだ!もっと高いレベルを求めないとダメだろ!!」

監督から代表の私が全否定された瞬間です。まぁ確かにちょっとしたプレーで大騒ぎしてましたが、でもこれまで見れなかった個人技やチームプレーが見れた時の喜び、興奮はちょっと何物にも代えがたいですし、それが楽しいから応援しているのですし。確かに監督からしたら私は兄ですが、それでも、もう少しくらい楽しませてくれても良いと思うのですよ。

でもまぁいいです。受け入れます。実際に彼らの成長は確かなものになってますし、今後の伸びしろを考えるとあまり低いところで評価しても彼らに対し失礼になってきますから。

そのようなわけで先日の試合の途中から彼らの評価基準を変えてみる努力を始めました。ただそうなると本当に強い相手と試合をしなければその差は分かりません。それを言い訳に当分はこれまで通りワーワー騒いでようかと思ってましたが、そんな私を許さないように今月末の合宿や来月には、それはそれは強いチームたちと練習試合が組まれました。

おそらく来月末には、彼らの現在地とトップまでとの距離感が分かると思います。最近は試合でも調子が良いのでこのあたりでガツンとやられるのも確かに良いタイミングです。

これからの一ヵ月は苦しい苦しい一ヵ月になると思いますが、大きくジャンプする前の屈伸だと思って取り組んでいきましょう。

考えてみたら、いくら私が評価基準を変えたとしても厳しくするのは監督とコーチの役割であり、私はサポーターなのでワーワー応援する姿勢は変えなくて良い気がしてきました。

さて試合です。

ゴールキーパーのゆづき君。伸び悩んでいる現状ですが、実績あるキーパーコーチが定期的に参加してくれることになったのでこれからに期待しましょう!

左サイドを担当したたかお君とゆなた君のコンビ。守備では二人で協力しあって、攻撃では判断良くプレーしてそれぞれが出来る限りの実力を発揮しました。安定感があって良い内容でしたね!これが継続できれば。

センターバックのえいと君。守備では一対一の強さと的確なカバーリングが光ります。もっと強い相手にどれだけやれるかが今後の楽しみでありますね。またコーナーキックでは打点の高いヘディング披露。得点にはなりませんでしたが中学生離れした高さが魅力。

ゆうま君、今回の写真は1枚にしておきましょう。悪い内容ではありません。ただパスを出すタイミング、場所などはもっと改善する必要があります。でも守備も攻撃の高いレベルで行う彼ならすぐに会得するでしょう。

ミッドフィールダーの吉野君。10番をつけるだけあって上手いです。ミスも少ないしチャレンジなプレーにも果敢に挑みます。でも少しつまらなくなってきました。強引に2,3人を抜いて強烈なシュートを決めるとか、中盤で相手のボールをスライディングで奪って、1発のロングスルーパスでゴールを演出するとかド派手なプレーが見たいです。

エースのそら君は今日もゴールをたくさん決めてくれました。ボールを持ったら最短距離でゴールに向かう姿勢が素晴らしく、また下の写真がゴールを決めたシュートですが、決して力任せにシュートをすることなく、冷静にコースを狙ってシュートする技術は注目の逸材です。頼もしいですね。

急成長中のゆいと君。恵まれたフィジカルを活かしたプレーでみんなを助けます。今はあまりコメントしない方が良いでしょう。彼を(信じて大きな成長を期待して)静かに見守るのが今は正解だと思います。

■今日の「僕はもう子供じゃない!」

相手に吹っ飛ばされて倒されたゆなた君。豪快に倒れこんでいます。数年前だとこんなことになったら「もうサッカー辞めたい…」とお父さんに泣きついてかもしれません。

でも今は違います!すぐに起き上がって愚直にボールを追いかけます!!お父さんが知らないところで子供は大人になっていくのでしょう。その瞬間を目撃した気持ちです…(遠い目)

可愛さは若干まだ残ってますが、あどけさはもう残っていません。大人の顔になりつつありますね。息子大好きなお父さんは果たしてこの現実に耐えられるのか??

 

西が丘サッカークラブジュニアユースについては以下のリンクからご確認ください。

http://www.junioryouth.nishigaoka.com/index.html

By 松尾