西が丘スポーツクラブ

西が丘スポーツクラブで活動している少年サッカー、ヨガなどの記事および活動スケジュールを記載しています。

ジョギング特集③ ゆっくり走って強くなる!LSDトレーニングについて

time 2016/09/12

ジョギング特集③ ゆっくり走って強くなる!LSDトレーニングについて

体力の向上を目的としたトレーニングで、インターバルトレーニングは有名ですが、LSDトレーニングはあまり有名ではありません。インターバルトレーニングほど即効性があるわけでなく、がんばった感が無い事が原因なのでしょうか?しかし、各スポーツのトップ選手のオフ明けの時期や怪我からの回復期、また通常トレーニングの合間に取り入れているこのLSDトレーニング、とても負荷が軽いため初心者の方にはおすすめのトレーニングです。

LSDトレーニングとは?

LSDトレーニングとは「Long Slow Distance」の略で、長い距離をゆっくり走るトレーニングになります。ゆっくりの基準は心拍数120以下で、その目安は会話ができるくらいゆっくりした速度です。けっして息を荒げてはいけません。この速度で1時間以上走る事により、毛細血管が発達し、体の隅々まだ血液が行き渡り筋力の発達、脂肪の燃焼、スタミナの向上などの効果があります。要は走る上での土台となる体作りを行う事になります。初めてこのトレーニングを行うのであれば、最初から1時間ではなく。まずは30分でも良いでしょう。今月は30分、来月は40分と徐々に走る時間が多くなるようにしましょう。

上記に記載したように、各スポーツのトップ選手はオフ明けや怪我明けに、このLSDトレーニングでシーズンを乗り越える体を作り、徐々に負荷を上げていくトレーニングに移行します。このLSDトレーニングを習慣的に行う事で動作において最適な体が作れるわけです。トレーニングというと、どうしても額から汗を流し、息も絶え絶え行うイメージがあるようですが、このようなゆっくりと行うトレーニングもあるという事を知っておいて損は無いでしょう。

 

ジョギング特集

ジョギング特集① ジョギング初心者へ まず最初に注意すること

ジョギング特集② ジョギングの効果について

ジョギング特集③ ゆっくり走って強くなる!LSDトレーニングについて

ジョギング特集④ 便利なグッズ

sponsored link

サイト管理者

NSC 松尾

NSC 松尾

これまでサッカーに縁が無かった方にもサッカーをわかりやすく解説します。また自身の健康やスポーツ全般について取りあげます。 ご意見ご要望はこちらまで。 nishigaoka.club@gmail.com [詳細]